バレエ・黒鳥を作るー6

みなさまこんにちは。 少し間が開いてしまいましたが、今回は黒鳥を作るシリーズ最後の記事です。 まず、これに合わせるティアラをご紹介。 ショップ開始まもなく作ったもので、 一見シンプルなのですが、♯5328ジェットABを沢山使った贅沢なものです。 では、続きを書いて参りますね。 1:ボン飾りを追加する。 ボン飾りに使ったモチーフの型紙を参考にモチーフとモチーフの間に散らすスパンを貼るためのチュール片(♯50チュール)を切り出します。 実際にボンの上に載せてみて形とサイズを決めたら、同じものを全部で5枚切り出します。 貼り付けるスパンは、光が当たった時に光るように黒玉虫6㎜にしました。 貼った後、脱落防止のためにボンドが生乾きの時に上から指腹でしっかり押さえて密着させておきます。 乾いたらボンに載せて端を針糸で縫い付けていきます。 写真は5枚の片を全部縫い付け終えた状態です。 2:袖を作る。 袖は、”幅を狭く、透け感のある薄く軽いイメージで” との希望です。 ということで3つほど試作をしてみましたが最終的に、衣装全体に共通して使った黒色のレースブレードを使うことになりました。 長さは約40㎝、幅約3.5㎝ このブレードのベースはオーガンジーですので、ほつれ防止のためにカット想定個所に予めボンドを塗って乾かしてからカットします。 (写真では、わかりやすいようにボンド塗布個所を赤で示しています。) 次にオレンジ系、茶系のスパン、古金系の石、黒ビーズで飾りを加えます。 通常の場合、端は裏に薄い布などを縫い足してゴムを通しますが、このブレードの場合はたまたま耳の部分が千鳥ぐけのようになって

バレエ・黒鳥を作るー5

とうとう12月に入りましたね。 なんの訳もなくなんだか”忙しい気持ち”がして参りました。 いいかげんですね・・・ それにしても、一年、本当に早いです。 さて今回は黒鳥を作るー5、仕上げ編に入っていきます。 (ティアラと同時進行なのでちょっと進行速度が遅くなってしまっています。) 今回記事は短いです。 1:円盤にボン用モチーフを縫い付ける。 前回作成したボン用のモチーフを円盤の適所に配して縫い付けていきます。 ウエストに近い方はきっちりと縫いつけ、外側(外縁側)は多少の糸の余裕を持たせながら縫い付けます。 (万一の引き攣れを防ぐため) 2:切り取った黒ブレードを追加する。 衣装全体に共通して使っている黒ビーズ刺繍入りのブレードを切り取り、円盤に適宜配置してから縫い付けていきます。 円盤にバランスよく配置して待ち針で仮止めしてから、針糸で縫い付けていきます。 縫い付けるボン一段目が黒なので、切り抜いた片に余分な個所があってもかまいません。 (モチーフに使用したと同じスパンを適宜に加えながら付けます。) 縫い付ける際には出来れば箇所ごとになるべく多くの止め玉を作りながら縫い付けてください。 こうしておくと万一どこか一か所の糸が切れてもモチーフが連鎖的にとれてしまう事を最小限にすることができます。 また、念のために縫い付け終えた後は裏に返して、止め玉の個所にボンドを塗っておくのをお勧めします。 3枚のモチーフと黒ビーズ刺繍入りのブレード(2列分)を縫い終えたら、ボンドが乾かします。 3:飾りつけ後の円盤をボンに縫い付ける。 飾りつけを終えた円盤を本体のボンの上に配して縫い付けます。 4

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • BalletAtticPropEtsyサイト
  • Ballet Attic Propツイッター
  • Ballet Attic Prop インスタグラム
  • Ballet Attic Prop ブログ
  • Ballet Attic Prop フェイスブック

       Copyright(c)2007 Ballet Attic Prop All Rights Reserved
  掲載写真・イラスト・アイディアの無断利用や転用、複写などは固くお断りいたします